プチうつ診断なら心療内科を活用【自覚症状がないままの人が多い】

サイトメニュー

最近急増している

ストレス

その症状とは

最近「プチうつ」と診断される人が増えているそうです。単にうつ症状が軽いもの、というものではなく、これといった原因もないのに一日の中で同じような時間帯、一定の時間だけ悲しみや不安などの感情になる、または、そういうことが週に二日だけあらわれる、というものです。つまり、慢性的に一日中うつの症状が出ているわけではなく、短い時間や短い期間に不安定になるのです。気分の浮き沈みが激しく、例えば、その人を責めているわけではないのに、責められている・非難されていると感じたり、悲観的になったりして自分を責めてしまいます。些細なことで怒り出したりしてしまうこともあり、後でひどく落ち込み自己嫌悪をくり返す、という悪循環におちいります。身体的にも、過食や過眠症状が現れます。特に過食は夜になると甘いものが食べたくなる人が多く、体重を増やし、そのことで落ち込んだりもします。また、どれだけ寝ても足りない、という症状が現れ、気持ちもすぐれませんし、体もだるく倦怠感が続きます。しかし、日常生活を普通におくれることがほとんどで、診断を受けるまで病気だとは気が付かない人がほとんどです。不安や悲しみは誰にでもある感情なので、「プチうつ」だと気が付かないまま放置していると、慢性的なうつ症状を引き起こす人もいますのできちんと見極めることが必要です。自分にも当てはまると感じた人は、精神科や心療内科などの専門医に相談に行き、診断を受けるのが一番です。とはいえ、日頃身近な外科や内科の病院とは違い、いざ行こうとすると二の足を踏むものです。そもそも、日常生活を送れているわけですからなおのこと勇気がいりますよね。「プチうつ」は、放置しても良くなることはまれで、ダメージが大きくなると慢性的な症状を引き起こす可能性を含んでいますし、人間関係が円滑にいかなくなるなどすると、健全な生活が送れているとは言い難いのではないでしょうか。治療のタイミングが遅れると治るまでの期間も長くなってしまいますので、適切な病院を選び「プチうつ」と診断されたら、早めに治療を受けるのが賢明です。心療内科や、精神科選びの大きなポイントとしては、複数の薬を数種類出すことや、薬を処方するにあたって薬の説明がない、医師とのコミュニケーションがとりにくい、という病院は注意が必要かもしれません。嫌だな、と感じたら病院を変わることも視野に入れておきましょう。今は、インターネットで検索すると、様々な病院を見つけられますし、口コミなどでもある程度の情報は集めることが可能です。しかしながら、病院の体質や医師との相性もありますので、自分に合った信頼できる医師のもとで、治療を受けるのが最善です。