プチうつ診断なら心療内科を活用【自覚症状がないままの人が多い】

サイトメニュー

不調を軽視しないこと

医者と看護師

まずは気付くことから

プチうつ病の症状は気持ちの落ち込みや無気力、それとは逆のイライラやちょっとしたことで怒りっぽくなるなど様々ですが、程度には個人差があり、さらに重度のうつ病と異なり症状自体は長く続きません。一度精神的な症状が出てもしばらくすればおさまったり、何かひとつ良いことが起こればすぐに感情が上向いたりするので、周りには感情の起伏が激しい人と思われ、自分自身でもストレスや睡眠不足、疲れなどが重なってたまに出る一般的な不調と自己診断してしまいがちです。しかし実際にはプチうつがすでに潜んでいて、自分ではコントロールできない感情の動きや上手く対処できていないストレスの蓄積、無意識のうちに心に負荷をかけている環境の変化などが放置され続けると、いつしか症状が延々とおさまらない重度のうつ病に進行する可能性があります。軽いうちは日常生活を何とか送れることができるので、その状態のうちに病院へ通って診断を受け、問診やカウンセリングを通して治療を始めるのが理想です。重度になると自分ひとりの力ではどうにもできなくなり、根本的な原因を取り除くのにかなりの体力と時間を使い、治療も長引いてしまうかもしれません。心身の不調を軽視せず、自分の力で対処できるうちに動き出すのが重要です。プチうつと聞くと症状が軽いもの、あるいは少し気分が落ち込んだときに使う口語のようにも聞こえますが、実際に心療内科を受診すると非定型うつという診断を受けるかもしれません。今まで一般的に考えられていたうつ病とは異なり、気分の落ち込みと持ちあがりが激しく、他人の言葉や顔色を極度に気にしたり、過剰睡眠や過食が起こるものです。日常生活は送れるものの放置すると重度に進行する可能性もあるため、プチという単語に惑わされず、治療対象となる病気だと捉えて診断を受けに行くことが大切です。しかし、辛いことがあれば気持ちが落ち込み楽しいことがあれば持ちあがるのは人間誰でも当たり前です。いくら寝ても眠く感じる時やストレス発散で甘いものが欲しくなる時も誰だってあります。それゆえ、心の病気の可能性があると自分で疑うのが難しく、発見が遅れるケースが少なくありません。重要なのは、この気持ちの上下がジェットコースターのように激しく、ほんのちょっとしたきっかけでスタートしてしまうことです。また疲労感や倦怠感を感じたり、めまいや吐き気といった身体の症状として現れることもあります。うつ病には、ここまでは日常生活の範囲内でこの先が病気だという明確な線があるわけではありません。本人が辛い、対処したいと感じた時点で診断を受け、治療を開始する必要があるのです。