プチうつ診断なら心療内科を活用【自覚症状がないままの人が多い】

サイトメニュー

病気の回復を速める効果

女性

早めに病院を受診しよう

現代は職場や学校、家庭などでも、精神的なストレスを感じている人が多く、肉体疲労や睡眠不足などが重なると、憂鬱な気分が続いたり、趣味や娯楽などに関心が乏しくなることがあります。プチうつで悩んでいる人が増えていますが、放置をしておくとうつ病を発症する可能性があるため、早めに精神神経科の病院やクリニック、心療内科などを受診して、診察やカウンセリングを受けて病気を診断してもらう必要があります。仮面うつは精神症状よりも、動悸や息切れ、頭痛、倦怠感、胃のもたれなどの体の不調が見られることが多く、内科の病院に行くと精神科の受診を勧められることがあります。プチうつの症状が見られる場合は、なるべく早く受診をすることで、病気の回復を速めることが出来ます。冬場になると日照時間が短くなるため、気分の落ち込みが見られたり、過眠や倦怠感などを感じることもあります。妊娠、出産は大変おめでたいことですが、ホルモンバランスが崩れやすくなり、一時的にプチうつの症状が見られることもあります。軽い程度であれば、精神神経科の病院や心療内科を受診していない人もいますが、朝が起きられない、仕事や家事でミスが増えてきて、日常生活に支障をきたしている場合は、診察を受けて病気を診断してもらうことが大事です。以前の日本に比べると、男女共に多忙な生活をしている人が多いですし、核家族化が進んでいるため、家事や育児の負担も増加しています。赤ちゃんを出産した女性は、体があまり回復していないうちから、育児を始める必要があります。産後はホルモンバランスが乱れやすいため、プチうつの症状が出ている人も少なくありません。産後うつは放置をしておくと、症状が悪化してしまったり、お子様に愛情を感じられなくなることもあります。精神神経科の病院やクリニックでは、経験豊富な医師が在籍をしているので、一人一人の悩みを相談しやすく、カウンセリングに時間を掛けてくれます。プチうつの症状を放置しておくと、病状が悪化してしまい、通学や通勤が出来なくなったり、今までできていた、家事などがスムーズにこなせなくなります。本人に病識があることが多いため、家族に付き添ってもらい、病院やクリニックを受診して下さい。精神神経科の病院やクリニックでは、うつチェックが受けられるので、総合的に判断をして病気が診断されることが多いです。病気が診断されると、十分な休息や睡眠が必要なので、生活習慣を見直す努力も大切です。病気が診断されると内服薬が処方されるので、根気よく続けることが大事です。